ドリームクラブ 魔璃 Link






ドリームクラブより魔璃の中の人つながりの名曲
ぱにぽにだっしゅ!の柏木姉妹のテーマソングLinkをイメージしたパケと
劇中で、魔璃が言った「家では普段は着物を着ているの」の一節から某似た髪形の閻魔さんのパロで牡丹です

初見ではドリームクラブはアイマスの二番煎じかと思っていましたが
怖いものでドリクラのグラフィックに慣れてしまうと
もうアイマスのグラフィックには戻れませんでした
数年で歴然たる差が生まれるものですね
職業病とも言えるのですが、アイマスはグラフィックの面で耐え切れずにプレイしていないし興味もなかったのですが
ドリームクラブの足〜ぱんつの描写に撃沈されました
まぁアイマス嫌いの私から見ても問題のある点が多いですけどねドリクラ…

まずビジュアル面で惜しかったのが、脇の描写
私のMADにも含まれていますが、腕を肩より上げるとありえない形に曲がります…
あれは脇フェチも増殖しているので大きな欠点ですね
私のMADの開始直後の数枚はすべてその辺を修正しています
二つ目に髪の毛の貫通防止のための髪の毛の剛毛化というか反重力…これはいつの時代になったら改善するのだろう…
次にシナリオ面、これは酷い
6時間プレイして大風呂敷を広げたにもかかわらず
たった数行と黒バックでエンドカードも無し
さすがにこれはプレイ動画を見たら買う気が失せる

べつに報酬を望んでいるわけではないだろうが
こういった志向のゲームなのだからご褒美としてのエピローグとCGは欲しいと誰もが思うはず
この辺がD3臭いというか、まるでシンプルプライスのゲームをやっているかのような深度の浅さを感じる
そして極めつけは、何を血迷ったか最後の山場でキャラテーマを流す
BGMオフにすれば感動できる雪っちゃんのシナリオも
突如教育番組のような音楽で台無し
るい先生、玲香さんはまだマシであろう、玲香さんを初回でプレイしておいてよかったと2週目の魅杏で思い知った
専門学校の映像の授業で習いましたけど、BGMって本当に大切ですね…

エンディングの浅さと無理やりエンディング以外はキャラクターはかなり好きですね
玲香さん…普通に考えて一緒にいたいというか、そう思える人、この感覚を嫁と言うのだろうか…
アイリ…まぁありきたりではあったものの、全シナリオで一番感動できたと思う、現在MAD作るか検討中
魔璃…さすがラスボス、35個実績解除は大変だった…そして単なるネタ担当だと思いきや
プレイ動画や高速攻略ではわからないキャラの深さがあった、厨二だ邪眼だってのは浅い所しか見えていない者の見解だ
実は和装がデフォだったり、かなり大人だったり、彼女は魔璃という人物を演じているし陶酔しているのだと分かってくると
本当の彼女自身を見出せていくのが面白くなる、そして最後には主人公が落とされる側だと気づく
そして忘れてはいけない、魔璃は雪の次に背が低いのだ、そして制服は厚底…
このゲーム、目線をヒロインに合わせる設定なために気づかないが
魔璃のあの喋りが実はすべて自分より低い位置で彼女が上目遣いで言ってると思うと…
いかんいかん、あぶないあぶない

とまぁ、発売からすでに時間も経ち、MAD数など風前の灯なドリームクラブだが
MADがんばって勉強します…

そして壁紙プレゼントです




壁紙配布
1280×1024